4.宛名ラベル・ハガキ印刷

メインメニューから「宛名ラベル・ハガキ印刷」をクリックすると以下の画面が表示されます。
※この画面では各機能の説明のみをしています。実際にどのような場合に使用するかは活用事例 のページを参照してください。


この画面にて、顧客検索条件を指定しDM用のラベルを印刷したりハガキに直接宛名を印刷することが可能です。
各機能は以下の通りです

■集計対象期間の指定

顧客リストの集計条件として、特定の期間内に顧客履歴がある場合という条件設定を行いますが、その期間の指定をここで行います。
・年は西暦で入力します。
・右側の「先月」、「今月」等のボタンをクリックすると、日付が自動的に入力されます。

■出力先について
各検索条件の右側にそれぞれ3つのボタンが配置されています。各ボタンの機能は以下の通りです。

一覧に表示 画面下段の一覧に検索結果を表示します。
宛名ラベルに印刷 DM用ラベルシールに印刷します。
ハガキに印刷 ハガキに直接宛名を印刷します。

■キーワードで検索
【2.顧客登録・修正・削除】の画面にて入力されている「氏名・会社名・住所・特徴・メモ」を対象にキーワード検索を行います。 入力された文字が検索対象のいずれかに含まれている場合に出力されます。
条件設定例:「山田」さんを探す

■年齢・性別で検索
年齢の範囲を指定し、一致する顧客を出力します。性別を指定すると、さに年齢の中から絞り込まれます。
条件設定例:20〜25歳の女性

■誕生日で検索
今月が誕生日か、来月が誕生日かを指定し、一致する顧客を出力します。さらに誕生日の中から絞り込まれます。
条件設定例:来月が誕生日のの男性

■期間内の履歴で検索
集計対象期間内に指定された履歴区分を含む顧客を出力します。
履歴区分に対する数値の合計(売上等)が一覧の一番右側に表示されます。(横スクロールしてください)
条件設定例:先月「商品購入」している顧客

■期間内に新規登録された顧客を検索
集計対象期間内に顧客管理システムに登録された顧客を出力します。

■顧客区分で検索
【2.顧客登録・修正・削除】の画面にて入力されている「顧客区分」と一致する顧客を出力します。

■期間内に紹介者のいる顧客を検索
紹介者数の合計の合計(人数)が一覧の一番右側に表示されます。(横スクロールしてください)
集計対象期間内に紹介者のいる顧客(顧客の登録日が集計対象期間内)を出力します。

4−1.宛名ラベルの用紙指定

上記の各種検索条件で「宛名ラベルに印刷」をクリックすると以下の画面が表示されます。
お手持ちの宛名ラベル用紙に合わせてボタンをクリックしてください。

以下のように印刷のイメージ画面が表示されます。印刷する場合は画面の左上にある マークをクリックしてください。 画面の左上にあるマークをクリックすると用紙全体を見ることができます。
  
画面を閉じる時は印刷イメージ右上の×をクリックしますが、その時に以下のメッセージが表示されます。 この画面は「いいえ」をクリックしてください。

5.顧客集計

メインメニューから「顧客集計」をクリックすると以下の画面が表示されます。
この画面では顧客履歴の画面にて入力した数値(売上等)の集計を行います。

■集計対象期間の指定

集計期間の指定をここで行います。
・年は西暦で入力します。
・右側の「先月」、「今月」等のボタンをクリックすると、日付が自動的に入力されます。

※必ず集計対象期間の指定をしてください。

■顧客履歴の区分を指定し顧客別に表示
顧客履歴の区分を指定し、その中での集計期間内の数値合計を顧客別に表示します。

<売上の表示例>

■顧客履歴の備考を指定し顧客別に表示
顧客履歴の備考を指定し数値合計を顧客別に表示します。

■顧客履歴の区分と備考を指定し顧客別に表示
顧客履歴の区分と備考を指定し、全ての条件を満たす数値合計を顧客別に表示します。

<ネットショップでの売上の表示例>

■顧客履歴の区分別に表示
数値合計を区分別に表示します。

<ネットショップでの売上の表示例>
以下の場合、期間内の入会者が4人、期間内の売上が31,555円という意味になります。

■顧客履歴の備考別に表示
数値合計を備考別に表示します。

前のページへ  /   次のページへ