HOME −> 顧客管理システム −> 取扱説明書
【顧客管理システム−取扱説明書】

顧客管理HOME |  取扱説明書 |  活用事例 |  サポート |  ダウンロード

※このページはA4で印刷するととても見やすく印刷されます。(InternetExplorer5.5以降の場合)

<目次>

1.メインメニュー

2.顧客登録・修正・削除
   2−1.氏名・会社名の入力方法
   2−2.検索
   2−3.レコードの移動
   2−4.履歴の登録・修正・削除
   2−5.レコードの削除

3.顧客履歴の登録
   3−1.絞り込み表示
   3−2.修正・削除

4.宛名ラベル・ハガキ印刷
   4−1.宛名ラベルの用紙指定

5.顧客集計

6.グラフ表示・印刷


1.メインメニュー

各ボタンをクリックすると以下の画面へ移動します。
顧客登録・修正 顧客の基本情報を登録します。
顧客履歴登録・修正 顧客に対する履歴を登録します。 入会時・売上時・訪問時・DM送付時など、顧客管理システム活用の要となる入力画面です。
宛名ラベル・ハガキ印刷 DM送付用の印刷を行います。
この画面を活用し、きめ細かな顧客管理を行います。
顧客履歴集計 売上・訪問回数等の履歴を集計します。
グラフ表示・印刷 年代別や地域別の履歴の集計をグラフで表示します。

2.顧客登録・修正・削除

・各項目は入力後エンターキーを押すと次の項目にカーソルが移動します。
コード 顧客を識別する番号などを入力します。
すでに会員番号などを発行しているお店はその番号を入力して下さい。
それ以外の場合は、電話番号を入力することをオススメします。
顧客区分 見込み客・優良客・ブラックリストなど、独自の区分を入力して下さい。
一度入力した区分は、入力欄右側の【▼】マークをクリックすると一覧が表示されますので、2度目以降は入力する必要はありません。
生年月日 西暦で入力してください。入力後エンターキーを押すと年齢が自動計算され表示されます。
郵便番号 入力後エンターキーを押すと住所が自動的に表示されます。
MAIL メールアドレスを入力します。右側の【□メール連絡可】はメールによる連絡が可能かどうかのメモ代わりに使用します。
紹介者コード 入力後エンターキーを押すと紹介者名が右側に表示されます。
紹介者名を直接入力することはできません。
登録日 顧客データを登録した日付が表示されます。変更はできません。
最終更新日 顧客データを最後に更新した日付が表示されます。変更はできません。
※この画面には「登録」ボタンはありません。入力した内容は自動的に登録されます。

2−1.氏名・会社名の入力方法

■個人客の場合

左図のように、会社名の欄は空欄にし、性別・生年月日を入力します。

■法人客の場合(1)

宛名印刷時に「○○会社御中」にする場合は左図のように、氏名・性別・生年月日は空欄にし、敬称の欄を「御中」にします。

■法人客の場合(2)

宛名印刷時に「○○会社御中○○様」にする場合は左図のように、全ての欄を入力し、敬称の欄を「様」にします。

2−2.検索

顧客を探す場合は以下の手順で検索を行います。 例)「江部」さんを探す場合
1.氏名の入力欄をクリックし、カーソルが点滅している状態にします。
2.入力画面の一番下にある「検索」ボタンをクリックすると以下の画面が表示されます。
3.「検索する文字列」に「江部」を入力し、「検索条件」は「フィールドの一部分」を選択します。
4.「次を検索」ボタンをクリックすると、氏名に「江部」という文字を含む顧客が表示されます。
5.「次を検索」ボタンを繰り返しクリックすると、次の「江部」という文字を含む顧客を表示します。
会社名で探す場合は氏名同様に会社名の入力欄をクリックしてカーソルを移し、「検索」ボタンをクリックします。

2−3.レコードの移動

「顧客履歴登録・修正」の画面には以下のようなボタンが2箇所あります。

以下のように「閉じる」ボタンの上と下に1組ずつあります。
「閉じる」ボタンの下側のボタンは顧客の表示を切り替える場合に使用します。

使い方は以下の表の通りです。
画像 使い方
最前列の顧客を表示
1個前の顧客を表示
現在表示されている顧客の位置
1個後の顧客を表示
最後尾の顧客を表示
顧客の新規登録
顧客総数

2−4.履歴の登録・修正・削除

・顧客の履歴を新規登録する場合は一番下の行(下の画像の赤枠の※印)の欄に入力してください。
※印が表示されていない場合は、すぐ下のボタンをクリックしてください。

・修正する場合は、表示されているデータをそのまま書き換えてください。

・削除する場合は削除したい行の赤枠の部分をクリックし、【Delete】キーを押してください。「削除してもよろしいですか?」 という内容のメッセジが出てきますので、「はい(Y)」をクリックします。

※この画面でから顧客履歴は入力できますが、3.顧客履歴の登録】画面からも入力できます。

2−5.レコードの削除

顧客情報を削除する場合は、削除する顧客が表示されている状態で「データ削除」ボタンをクリックします。

※削除する顧客データに付随する履歴のデータも削除されます。
※削除すると消えたデータを元に戻すことはできません。

3.顧客履歴の登録

・各項目は入力後エンターキーを押すと次の項目にカーソルが移動します。
顧客コード 履歴を登録する顧客コードを入力してください。
顧客一覧は氏名のフリガナ順に並んでいます。
区分 売上・入会・訪問・DM送付など、独自の区分を入力して下さい。
一度入力した区分は、入力欄右側の【▼】マークをクリックすると一覧が表示されますので、2度目以降は入力する必要はありません。
数値 区分に対する数値を入力してください。この数値は集計することができます。
例)
  区分=売上の場合、売上金額を入力
  区分=訪問の場合、1を入力(集計時に訪問回数が集計されます)
※詳しくは活用事例を参照してください。
備考 備考を入力します。
店頭売上・通販売上など、区分を細分化する場合にも使用できます。
一度入力した備考は、入力欄右側の【▼】マークをクリックすると一覧が表示されますので、2度目以降は入力する必要はありません。

3−1.絞り込み表示

顧客履歴の一覧は絞り込んで表示することができます。

絞込条件を入力し「絞込表示」ボタンをクリックすると一覧が絞り込まれます。
各項目の意味は以下の通りです。
顧客コード 入力された文字で始まる顧客の履歴を表示します。
※顧客コードに電話番号を入力している場合は、「052」と入力すると電話番号が052から始まる 全ての顧客の履歴を表示します。
氏名・会社名 入力された文字が氏名・会社名の一部分と一致する顧客の履歴を一覧に表示します。
※両方入力すると、どちらの条件も満たした顧客の履歴のみ表示されます。

3−2.修正・削除

・履歴を修正する場合は、修正する行をクリックし内容を編集後、「登録」ボタンをクリックしてください。
・履歴を削除する場合は、下の画像の赤枠の部分をクリックし、【Delete】キーを押してください。「削除してもよろしいですか?」 という内容のメッセジが出てきますので、「はい(Y)」をクリックします。

※削除すると消えたデータを元に戻すことはできません。

次のページへ